過去のトピックス(2000〜1997)

2000年  
2000/9
平成12年9月1日から平成14年8月31日までの宗桂会役職員正式スタート
 〃
京象嵌協同組合20名の方々が宗桂会館を見学
2000/6
櫻井雅之氏が彫金師後藤顕乗役で百万行列に参加
2000/5
宗桂会館来館者数が5000人を突破
 〃
「第30回伝統工芸日本金工展」に最高賞である文化庁長官賞を中川衛氏が受賞
2000/4
「金沢・クラフト広坂」で、4月から若手職人による制作実演と作品展示を行う企画展が開催
 〃 金沢学院大学美術学部が新設され、山崎達文氏が美術工芸学科の助教授として就任
2000/3
エルフ金沢にて村上氏、坂井氏による「象嵌展」が開催
 〃
注目される加賀象嵌の技法●中川衛氏「黒金の技」●村上浩堂氏「イタリア彫金技法との融合」
 〃
「第56回金沢市工芸展」宗桂会賞は櫻井雅之氏の『象嵌文鎮』に
 〃 読売新聞の文化プラザ「目の散歩道ーやさしい伝統工芸講座」に山崎達文氏による加賀象嵌の工芸講座が掲載
2000/2
NHK主催「日本の工芸<今>100撰」に中川衛氏の作品展示
2000/1 恒例「おいであそばせ金沢」バスツアーに伝統工芸と触れあえる場所として宗桂会館がスポットに
 〃
東京都内に県が開設した展示ギャラリーにて加賀象嵌特別展「技・心・彩」展開催
1999年  
1999/12
平成11年度金沢市伝統工芸貢献者として音 桂二郎理事長が特別表彰
 〃
長谷川真希氏が「金沢・クラフト広坂」で象嵌技法を実演
1999/11
泉鏡花の父が作った銀盃が、新保千代子氏より泉鏡花記念館に寄贈
 〃
石川県が東京都内2カ所に「いしかわクラフト展示ギャラリー」を開設する運びに
1999/10 熊本「象がんサミット」に加賀象嵌も参加
1999/9
世界工芸都市会議が金沢で開催。職人との交流を図るワークショップにて加賀象嵌も技を披露
1999/7
「伝統工芸・加賀象嵌の美」が金沢ステーションギャラリーで開催
 〃
金沢美術工芸大学の乾学長が「国際シンポジウム賞」を受賞。授与式がオランダ・アムステルダムにて開催
 〃
宗桂会評議員佐々木氏が金沢市の平成11年度市文化活動賞を受賞
1999/6
「象嵌・彫金専門塾」も2年目に入り、作品完成目指して着実に技を習得
1999/5
宗桂会評議員福田弘光氏が「北國風月賞」を受賞
 〃
テレビ金沢「いしかわ大百科ふるさと伝統工芸シリーズ」で加賀象嵌の技法と歴史が紹介
1999/4
金沢職人大学校の新しい実習棟が増設。「象嵌・彫金専門塾」もここで行われることに
1999/3
「第55回金沢市工芸展」宗桂会賞は多幸子氏の『象嵌花器』に。金沢市工芸協会会長奨励賞に矢地幸子氏
1999/1
「おいであそばせ金沢」バスツアーで宗桂会館に2回の開催で100名ほどが来館
 〃
北陸放送のニュース番組「テレポート6」で“伝統工芸とその後継者”というテーマで宗桂会の事業活動が紹介
 〃
石川県立美術館で「工芸作品と図案ー創造への思考ー」が開催。山川孝次下絵や作品も展示
1998年  
1998/9
財団法人宗桂会にて『金銀象嵌丸文散花瓶』(水谷喜太郎作)を新たに収蔵
 〃
村上浩堂氏が文化庁平成10年度芸術家在外研修員として翌年4月まで彫金を学びにイタリアへ
1998/8
宗桂会館の入場者数が4000人に!
 〃
宗桂会賛助のお礼と法人会員紹介
1998/6
象嵌と彫金の技の習得のために「専門塾」が開講
1998/3
「第54回金沢市工芸展」宗桂会賞は長谷川真希氏の『髪かざり』が受賞
 〃
村上浩堂氏が「第15回淡水翁賞」を受賞
1998/4
宗桂会館にて「加賀象嵌下絵展」開催
   
1997年  
1997/9 世界工芸都市会議開催参加のため来沢したイスタンブール工科大メティン・セゾン教授が宗桂会館に来館

戻る